2017年06月19日

腹をくくれ勝平!さおりんチームで鬱憤晴らす大活躍だ(無理by勝平君)

ちくしょう!
クルセイド 赤V(1) 神勝平(RP) -
クルセイド 赤V(1) 神勝平(RP) -
な・・なぜ俺(神勝平)が
愛しいはるはるちゃんチームじゃなく
クソババア(城戸沙織)のチームなんだ!?
これって何かの陰謀だ!
俺とはるはるちゃんとを引き離す
何者かが仕組んだ卑劣な作戦なんだな!


バコ〜ン!
痛ェ〜!

何すんだババア!
いきなり頭殴るんじゃねえ!

「女神アテナをババア呼ばわりすなと
何度言えばわかるのよエロガキ!」
聖闘士星矢マンチョコ 〜黄金聖闘士編〜 アニメコレクションシール  bP8 城戸沙織 単品 -
聖闘士星矢マンチョコ 〜黄金聖闘士編〜 アニメコレクションシール  bP8 城戸沙織 単品 -
バコ〜ン!

今度は顔面を殴りやがったな・・
お、親父にもぶたれたことないのに・・

ババア=城戸沙織「あんたはアムロか!」
えへへ・・

(元網元の父ちゃんは
ほぼ毎日俺をボコってたっけ?)

沙織「とにかくダーリン(坂ノ上高文)があんたをうちによこした以上、優勝を狙うあたしのチームに貢献してもらうわよ」
・・無理っしょ・・

(バコ〜ン!)

またまた痛ェ〜!
今度はケツに回し蹴りかよ!

沙織「無理じゃない!成せばなる!念じれば花ひらく!だからやるのよ!」
精神論で優勝できりゃ苦労ねえだろ・・

沙織「なら裏工作すりゃいいだけ・・」
ババアお得意の裏工作か・・

(バコ〜ン!)
4たび痛ェ〜!

今度はみぞおちに強烈フックかますんじゃねえ!

沙織「ババアほざいたのは誰?」
・・僕でした・・

沙織「なら二度とアテナを侮辱する発言すな!」
・・はい・・


さてババ・・

沙織「おい!」
い、いえ沙織さん・・
俺達のチームって沙織さんの子分達だけ?

沙織「お岩・おりょうさん・大門未知子達だけじゃないわ。テニスの王子様と言われた現役プロテニスプレーヤー=越前リョーマ君も加入してるの」
ねんどろいど 新テニスの王子様 越前リョーマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア -
ねんどろいど 新テニスの王子様 越前リョーマ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア -
・・その王子って物好きだぜ・・
そいつ熟女マニアじゃねえの?

(バコ〜ン!)

5たび痛ェ〜!
今度は右頬に張り手くらわせるな!

沙織「リョーマ君はダーリンがあたし達のために派遣してくれたのよ。熟女マニアだから加入したわけじゃないわ」
へえ〜

沙織「それよりエロガキ!あんたの親戚のアサ芸、背景女は?」
アサ芸=神江宇宙太、
背景女=神北恵子だな。
あいつ等急用で来れねえってよ。

沙織「ちっ!あのガキ二人あたしのチームを勝たせようという気はないのかしら」
・・だろうな・・

(チーン!)
6たび痛ェ〜!
今度は俺のチン(ピー)を蹴るな!
タマタマが腫れるじゃねえか!

沙織「小声で(だろうな)ほざくからでしょ!」
(地獄耳ババアが・・)

沙織「またババア言ってないあんた?」
い・・いえ・・


(沙織さんと対峙して5分後)

沙織「ところで遅いわね」
誰かここ(沙織さんの部屋)にくるのか?

沙織「ええ。うちのチーム参加者よ」
いったい誰だろ?

沙織「期待できる人材ばかりよ」
ほう〜


ガチャ!

「ここが城戸沙織っていう女の部屋か」
間違った子を魔法少女にしてしまった 1巻 (バンチコミックス) -
間違った子を魔法少女にしてしまった 1巻 (バンチコミックス) -
ドーン

突如現れたのはツインテール女子学生。

(どっかで見たことあったっけ?)

モワア〜

豪快にタバコを吹かして部屋にきた。

沙織「ごほっごほっ〜ここは禁煙よ」
そうそう!
早くタバコやめろ!

???「ちっ」
さっ
女子学生がくわえてたタバコの火を消し
携帯型吸い殻入れに吸ったタバコをいれ

???「あたしになんか用?」
沙織「なきゃ不良のあんたなんか呼ばないわ」
???「早く用件言えよ!」
沙織「じゃあたしのチームに入って」
???「はあ?」
沙織「あなた(=真風羽華代)がうちに必要なの」
華代「おい?いきなりチームに入れとかあたしが必要とか意味わかんねえよ?」
沙織「あんたがぶっ殺したいと思ってる坂ノ上森乃が相手にいてもそういえる?」
華代「も・・森乃ってあたしに因縁付けやがったタカフミダーのピンク女だな?」
沙織「そう。あんたが森乃とガチバトルして今度こそボコボコにしたいとあたしに情報が入ったから、その機会を提供したいの」
華代「ほ、本当にあのクソ森乃とガチバトルできるんだな?」
沙織「ええ。一応球技大会だからスポーツでのバトルになるけどね」
華代「あの名字女(森乃って名前は知らない人が聞いたら名字と思われるため)を大勢の前でボコれるなら何でもいいぜ」
沙織「じゃ交渉成立ね!」
華代「ああ!あの名字女にやられた傷がまだうずくからな。今度はあたし以上の大ダメージくらわせてやる!」
燃えてるなこの不良女・・
・・って高文島で強敵ゾンビを瞬殺した女だったぜこいつ!
あの凶悪森乃姉ちゃんに匹敵するかもしれない戦闘力・・
この不良女を姉ちゃんに差し向けるのかよ?

沙織「ええ!この球技大会での最大のライバルはクソ森乃!あの生意気女さえ封じりゃ優勝確実よ」
怖いぜ熟女の執念・・


ふう〜
クソババアは森乃姉ちゃん潰し作戦発動で
気合い入りまくってるけどよ、
はるはるちゃんがいねえチームじゃ
俺本当にやる気ゼロだぜ・・
まあ3日あるという球技大会だ。
勝ち負け関係なくテキトーに過ごすかな。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
posted by たかふみさんさん at 20:43| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美少女バトル小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451019199
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック