2017年06月19日

カーズの猛威がアラモードチーム壊滅させる?我らが高文さんが救世主出現!

あたし、
宇佐美いちか!
スイーツ大好きの中学二年!
伝説のパティシエ=プリキュアやってま〜す!

・・っていつもの挨拶やってる場合じゃない!
あたし達の目の前に
黒装束の怪人が現れたんだ。
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 35.カーズ (荒木飛呂彦指定カラー) -
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 35.カーズ (荒木飛呂彦指定カラー) -
カーズというその黒装束の怪人が
過去に何度も
あたし達を襲ってきたゾンビを出現させ
あたし達に攻撃かけてきた!

カーズ「いくぞプリキュア!我の(光のモード)で全員抹殺だ」
そうはいかない!
いくよひまりん!あおちゃん!
ゆかりさん!あきらさん!



キュアラモード・デコレーション!
ショートケーキ!
元気と笑顔を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!
キュアホイップ!
できあがり!
プリン!
知性と勇気を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!
キュアカスタード!
できあがり!
アイス!
自由と情熱を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!
キュアジェラート!
できあがり!
マカロン!
美しさとトキメキを!
レッツ・ラ・まぜまぜ!
キュアマカロン!
できあがり!
チョコレート!
強さと愛を!
レッツ・ラ・まぜまぜ!
キュアショコラ!
できあがり!
キラキラプリキュアアラモード!

あたし達が
プリキュアに変身完了だよ!

カーズ「・・あれがプリキュアアラモードか。まずは我のゾンビ達であれ等の力を見せてもらうか」
ガァ〜!ガァ〜!

ゾンビ達があたし達に襲いかかってきた!

キュアショコラ「ゾンビ相手ならあたし達の攻撃も通じるはず」
キュアマカロン「では個別撃破よ」
はい!
まずはあたしから!
キラキラキラルン〜
ホイップデコレーション!
バシュ〜ン!

キュアカスタード「い、いきますです〜!」
キラキラキラルン〜
カスタードイリュージョン!
バシュ〜ン!

キュアジェラート「あたしも決めるよ〜!」
キラキラキラルン〜
ジェラートシェイク!
ガコ〜ン!ガコ〜ン!

キュアマカロン「これでどうかしら?!」
キラキラキラルン〜
マカロンジュリエンヌ〜!
バシ〜ン!バシ〜ン!

キュアジェラート「ゾンビなど終わりだよ!」
キラキラキラルン〜
ショコラアロマーゼ〜!
バァ〜!

あたし達の浄化攻撃が
ゾンビ達に次々炸裂!

ジュワア〜

ゾンビ達が溶けるように消滅していった。


残りはカーズという怪人のみ。

カーズ「・・ゾンビを全滅させたか。我と戦う資格はあるようだ」
そういう余裕吐いてていいの?

キュアショコラ「あんた相手には」
キュアマカロン「これで決めるわよ!」
キュアジェラート「くらいな!」
キュアカスタード「私達の合体技です!」
キャンディロット!
ガシン!
キラキラキラル〜キラキラル
フルチャージ
スリーーツー
ワンダフルアラモード!
バァ〜!

あたし達の合体浄化攻撃が
全く動かないカーズに炸裂!

「無駄無駄無駄だ〜」
ドーン

カーズには全くのノーダメージ!

キュアマカロン「えっ?少しもダメージを与えられてない・・?」
キュアショコラ「今のあたし達の最大技なのに・・」
カーズ「このレベルが最大技?所詮プリキュアなど敵ではないな」
ガチャ!ガチャ!

カーズの両手のカッターが2メートルにも延び

ボォ〜!
光に包まれてきた!

カーズ「我の(光のモード)で貴様等全員斬り殺す!」
ダダッ〜!

超高速でカーズがこっちに飛び込んできた!

カーズ「まずは貴様(キュアホイップ)からだ!」
バシュ!

カーズの右手のカッターが
あたしの首めがけて斬りつけてきた・・

キュアカスタード「ほ・・ホイップ〜!」
うわあ!


その時

「貴様がカーズか!
娘同然のプリキュアに何しやがる!」
ドーン


金色に輝いたあの人が
あたしの首に斬りかかってきたカーズのカッターを
(真剣白刃取り)で受け止めてくれた!

カーズ「・・貴様が坂ノ上高文という男か?」
???「今の俺はタカフミダージュピター・真ギガストナーモード!ヘルダークの配下になった貴様には容赦しねえぜ!」
バコ〜ン!

高文さん=ジュピター真ギガストナーが
カーズの右手カッターを両手でへし折った!

カーズ「うぐっ・・」
ジュピター「くらえや!」
波紋疾走(オーバードライブ)チャージ・
仁王爆裂拳〜!
バコン!バコン!

超高速かつ強力な拳連打を
カーズの全身にたたき込む!

カーズ「ぐっ・・」
ジュワア〜

爆裂拳が炸裂した場所が溶けだしてきた。

カーズ「強烈な波紋を鉄拳炸裂と同時に注ぎ込んだか」
ジュピター「貴様等(柱の男)の数少ない弱点=波紋効果は現在でも通じるようだな」
カーズ「ちっ・・あの(赤い宝石)をなくしてしまったばかりに・・」
シュッ
カーズは後ろに後退し

カーズ「覚えてるがいい坂ノ上高文!我は必ず貴様にリベンジする」
ダダッ〜!
カーズは逃げ去った・・


(戦い終わって6人は変身解除し)

琴爪ゆかり「助けてくださってありがとうございました」
剣城あきら「本当に助かりました」
有栖川ひまり「高文さんが来てくれなかったら、いちかちゃん完全にやられてました・・」
うん・・

高文「今回は本当にラッキーだったよ・・」
立神あおい「あたし達でしょ?」
高文「私にとってもだ」
えっ?
高文さんってカーズ相手に圧倒的に勝ってたよね?

高文「今はな」
今は?

高文「奴が(赤い宝石)を入手すれば今以上の強さを得る。」
赤い宝石?

高文「カーズ達(柱の男)を進化させるアイテム。私の波紋ですら通じなくなるほどにな・・」
ゆかり「その(赤い宝石)は現在どこにあるんですの?」
高文「現在行方知れずだ。過去の奴と我が師匠=ジョセフとの戦いで火山口に消えたとは聞いてたがな・・」
あきら「・・あの・・高文さんがここに来られたのは?」
高文「もうじき始まるガイヤーズ球技大会の打ち合わせだ。君達は今年初めてガイヤーズスポーツイベントに参加だからね。」
そうだった。

高文「ちなみに君達のアニマルスイーツを食べるのも目的できた」
じゃ待っててください〜

ゆかり「私達が手塩にかけて」
あきら「高文さんをうならせるスイーツ作ってみせます」
ひまり「だから待っててくださいね」
あおい「あたし達の力作楽しみにね」
高文「わかった。」

こうしてあたし達が現在まで思いついた
アニマルスイーツを高文さんに作ってあげたんだ。
そしたら高文さん本当においしそうに食べてくれた。
最強のタカフミダーさんもスイーツ食べてる顔って
本当に無邪気な笑顔するんだね〜

やっぱスイーツってすごい!

今更ながらスイーツの力を思い知ったあたしだった。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
posted by たかふみさんさん at 20:32| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美少女バトル小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック