2017年05月19日

スーパーミュージックライブシリーズ・・・プリキュア5にもDIOの魔の手が迫る・・

あたし、
夢原のぞみだよ〜!

【グッズ-プリティストア限定】 プリキュアオールスターズ トゥインクル缶バッジ 11.Yes!プリキュア5 夢原のぞみ(キュアドリーム)[ヘッダー付パッケージ仕様] -
【グッズ-プリティストア限定】 プリキュアオールスターズ トゥインクル缶バッジ 11.Yes!プリキュア5 夢原のぞみ(キュアドリーム)[ヘッダー付パッケージ仕様] -
もうじき始まるスーパーミュージックライブに
あたし達プリキュア5も当然参加けって〜い!
そういうことで行くってばよ父ちゃん!

「おうボルト〜
俺達親子でやってやるってばよ〜
・・ってナルトネタはもうやめてっての」

てへへ〜
ごめんねりんちゃん。
最近ではりんちゃん見てると
(父ちゃん)と言いたくなるんだ。

ハピネスチャージプリキュア!チョコスナック2 [HC1だん 47/48.アイ・スイーツカーゴ(夢原のぞみ&夏木りん) ※お菓子は付属しません、カードのみです](単品) -
ハピネスチャージプリキュア!チョコスナック2 [HC1だん 47/48.アイ・スイーツカーゴ(夢原のぞみ&夏木りん) ※お菓子は付属しません、カードのみです](単品) -
夏木りん「のぞみもいい加減ボルトネタやめてよね」
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 3 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATIONS- (ジャンプコミックスDIGITAL) -
BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS- 3 BORUTO-NARUTO NEXT GENERATIONS- (ジャンプコミックスDIGITAL) -
だよね・・


さていつものごとく
プリキュア5の面々そろえて
お局様のお屋敷に集合なんだ〜

プリティストア限定 トゥインクル缶バッジ4 水無月かれん Yes!プリキュア5 GoGo! -
プリティストア限定 トゥインクル缶バッジ4 水無月かれん Yes!プリキュア5 GoGo! -
「の〜ぞ〜み〜!
お局発言やめてと何度言えばわかるのよ!」

美少女戦士セーラームーン 抱き枕 セーラープルート 冥王せつな 並行輸入品 -
美少女戦士セーラームーン 抱き枕 セーラープルート 冥王せつな 並行輸入品 -
ごめんなさい冥王せつなさん・・

せつな?「それもやだ!あんなに老けてない!」
見た目や声はほとんど同じなのに?

せつな?「どこがよ!あたしはサンミエール学園の美少女生徒会長である水無月かれんでしょ!」
生徒会長というか学園教師でも違和感ないよね?

かれん「いい加減老けネタほざくんじゃねえ!」
・・今度は組長(海藤みなみ)口調だ・・

秋元こまち「・・ねえ?ナルトや老けネタで今回の目的が全然始まらないわよ」
春日野うらら「もうじきスーパーミュージックライブが始まりますから最後の練習をやるんでしょうに」
そうだったね。
明日に迫ったコンサート本番。
今日の練習が最後になるんだった。

りん「・・って太陽さん遅いわね」
あたし達の助っ人である太陽さんが
まだ来てないんだ・・

かれん「時間厳守のあの人が遅いって何かあったのかしら?」

その時

グワァ〜!
グワァ〜!

最近ちまたで有名な?ゾンビ軍団が
かれんさんの屋敷の庭に出現!

かれん「なぜうちに現れるのよ?」
こまち「まさかプリキュアであるあたし達が狙い?」
うらら「確か他のプリキュアチームも何組かゾンビに襲われてると聞いてます」
りん「なら今度の目的はあたし達ね」
かれん「私の屋敷で好き勝手させないわよ」
じゃいっくよ!


プリキュア・メタモルフォーゼ!
大いなる希望の力
キュアドリーム!
情熱の赤い炎
キュアルージュ!
はじけるレモンの香り
キュアレモネード!
安らぎの緑の大地
キュアミント!
知性の青き泉
キュアアクア!
希望の力と未来の光
華麗に羽ばたく5つの心
Yes!
プリキュア5!


あたし達がプリキュアに変身し

キュアミント「ゾンビにはプリキュアの浄化技が効果あるそうよ」
キュアアクア「坂ノ上森乃さんからの報告ね」
キュアレモネード「では決めちゃいましょう」
キュアルージュ「あたし達の合体技ね」
じゃ決める!
キュアフルーレ!
ジャキ〜ン!
あたし達専用の剣=
キュアフルーレを手にして
5つの光に勇気をのせて!
プリキュア・レインボーローズ
エクスブロージョン〜!
バァ〜!

巨大な真っ赤なバラを模した波動エネルギーが
一カ所にまとまってたゾンビ集団に炸裂!

ウギャア〜!

ゾンビ達があたし達の浄化技によって
断末魔をあげるほど苦しみだし

ボォ〜!
燃え上がって消え去っていった・・


(ゾンビを放ったのは
やはりこの男だった・・
プリキュア達の戦いを上空で見てた
DIO(ディオ=ブランドー)である)

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 11.DIO (荒木飛呂彦指定カラー) (再生産) -
超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 11.DIO (荒木飛呂彦指定カラー) (再生産) -
「プリキュア最強チーム=
プリキュア5の力を見せてもらった。
最強の名前は伊達じゃなかったか」


戦い終わり

かれん「ゾンビ出現で練習が中断したわね」
うらら「では再開しますよ」
こまち「各自楽器もったわね?」
うん。

りん「ではスタート!」
プリキュア5のオープニングシリーズを練習だよ。


うらら「私の新曲披露もお忘れなくです!」
そうだった?

うらら「前から言ってましたよ。うちの事務所社長である高文さんが作詞作曲してくださった私の新曲です」
かれん「うららもようやく高文さんから提供されたのね」
うらら「はい。高文さんが提供された曲は必ずヒットします。剣崎真琴さんやμ・s(ミューズ)の皆さんもそうでしたしね」
かれん「なら高文さん提供の新曲で優勝狙うわよ!」
おう!


かれんさんの激で
プリキュア5の意気があがったよ。
この意気を本番まで継続して
絶対優勝してみせるってばよ〜!

(・・またボルトネタいっちゃった・・)




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
posted by たかふみさんさん at 20:36| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美少女バトル小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック